304/570

佐渡のトキ、ビタミン不足で倒れる ドジョウ食べ過ぎが原因?
産経新聞1月6日(金)14時38分配信 yahoo Japanより

環境省は6日、佐渡トキ保護センター(新潟県)で飼育中のトキ1羽にビタミンの欠乏とみられる症状が出て倒れたと発表した。捕獲しビタミン剤を与え治療中。同様の症状は昨年春にもほかのトキで見られていたため、エサの改善を図っていた。

同センターによると、6日朝、頭部にかすり傷がある1歳の雌のトキを発見、職員が近づくと後ろに反り返って転倒した。エサのドジョウの食べ過ぎが原因とみられ、ビタミン不足は神経に異常をきたすため頭をこすった可能性があるという。
ドジョウなどの淡水魚にはビタミンを破壊する酵素が含まれているため、同センターは馬肉を主体とした人工飼料などを与えていたが、なかなか食べないトキもいるという

スポンサーリンク

希少種を保護するプロジェクト費の約20%はトキ関連

国が行う「保護増殖事業計画と呼ばれる希少種を保護するプロジェクトにおいて対象になっている動物は47種。その年間予算約5億円のうち、トキには約1億円を計上していると言われる。日本のシンボルである朱鷺は予算のなかでも別格扱いである。泥鰌とか馬肉を食べているとはなんともうらやましい限りである。

闇鍋(やみなべ)

泥鰌というと柳川鍋が有名である。柳川鍋は、ドジョウを使った江戸生まれの鍋料理で開いたドジョウと笹掻きにしたゴボウを味醂と醤油の割下で煮て鶏卵で綴じる。ご飯にかけて食べると美味しい。ついでに特別天然記念物である朱鷺も明治時代以前には食用にされたという。トキの肉は美味ではあるが、肉を煮ると煮汁が血のように赤く染まるため暗中で調理して食べたという。闇鍋(やみなべ)はもともとトキの鍋をさしていたともいわれる。

闇鍋(やみなべ)とは、それぞれ自分以外には不明な突飛な材料を複数人で持ち寄り、暗中で調理して食べる鍋料理。食事を目的とした料理というよりは遊び、イベントとしての色彩が濃く、スリルと笑いを楽しむために行われることが多い。(wikipedia:闇鍋より)

寒いこの時期、鍋が美味しい。朱鷺のようにたらふく泥鰌を食べたいものであるが、泥鰌を食べれば食べるほど出費が増え懐が寒くなるだけのような気がする。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
304/570