32/570

震災・情報弱者に「安心」の提供を!

本日地震があった。ちょうどブログの記事をアップしようとしていたときで、いつもの揺れだったので地震直後にその記事をアップして、すぐに外出してしまった。全国的な被害だとは地震直後のテレビ放送で知っていたが、帰宅後のニュースを見てびっくり。まさかこんなに甚大な被害とは・・・・。

スポンサーリンク

災害報道のあり方

現在、ニュースで地震のことを報道している。ここ数年、新潟県で起きた中越地震から各地の地震被害を経験して、原子力発電所の被害が出た新潟県中越沖地震が起きている。マスコミは過去の災害でさまざまな報道の仕方を学んでいるとおもうが、何故一方的な同じ角度の報道しかできないのだろうか。災害時のとき、例えばここの放送局は交通情報を重視。ここの放送局は政府報道放送重視、ここの放送局は、被害者・医療報道重視等等、もっと専門的に分業的な放送ができないのだろうか。災害時は視聴率とか行っている状態ではないのだから、各放送局の放送内容の分業専門化を望みたい。

またさまざまな情報弱者の立場を考えた報道をしてほしい。何故、日本語オンリーなのだろう。多言語放送や手話通訳をつけた放送、日本語字幕をつけた放送等、被害が拡大されているのならスクープ性の高い情報を流す以前に、情報を取り得れにくい人にたいして情報を発信すべきだと思う。さらに東京都内には、外国人の観光客が多い。その人達にむけての情報提供はどこがするのだろうか、大使館・領事館等では、このような規模の災害では対応するには限りがある。特に今回の災害で特に問題になるのは仙台市内、たぶんこのエリアには外国人観光客が他の東北エリアより多くいたと思う。外国人観光客の安否確認ができるのか心配である。

これは過去の震災で言われつづけてきたことであるが、高齢者、視覚障がい者、聴覚障がい者、他障がい者、外国人、皆災害時では情報弱者になる危険性をもっている。被災地の自治体は被災直後動けないから、そのような立場の人にたいしての情報提供は、どうしても遅れてしまう。被災直後、緊急に情報発信ができるのは、大手マスコミだけである。1時間に1回でよいから、手話通訳、日本語字幕付、多言語放送を等をつけて、誰でもわかるかんたんな「やさしい日本語」での放送をしてほしい。情報弱者に「安心」の提供をお願いしたい。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
32/570