149/570

飼い猫にご用心

今日は午後からプールに行き夕食を食べしばらくしてブログでも書こうかとおもってパソコンをいじくっていたときに、何気なしに横で寝ていた飼い猫の前に手をだしたら、いきなり噛み付かれてしまった。いままで何度もじゃれて噛み付くことはあったが、今回の噛み付き方はちょっと野生がはいっていた。 先ず噛んだ後に野生のライオンが獲物に噛み付くときのように首を曲げ牙を食いこませようとしていた。さらに慌てて猫の頭を叩いてもなかなか離そうとぜず、やっと離れたらさっさと外に逃げてしまった。いままでこんな風に噛み付いたことはなかっただけに、この態度の変化は何故なんだろうと、手からでる血をふきふき猫の心情を考えてみた。

スポンサーリンク

考えられる理由は3つある。

一つめは、単に機嫌がわるかった。動物ですから仕方のないことでしょう。

二つ目は、鼠と間違えた。うとうとしていたら目の前になにやら動く物体発見、食べちゃおうとガブリ。

三つ目は、他の猫の匂いがついていた。

猫は匂いで人を判断していると思いますが、自分に別の猫の匂いがついており、噛み付いた猫の判断を匂いわせた。ちょうど噛み付いた猫の子が現在子猫を産んでおり、今日何度かその子猫をかまっていたので噛み付いた猫の孫にあたる猫の匂いが自分についていたかも・・・。人間だと孫はかわいいと思いますが、猫の場合自分に子猫が成猫になってしまえば、赤の他人です。ましてその子猫ときたらたぶん邪魔者以外のなにものでもないでしょう。

人間の世界でも恩を仇で返す人がたくさんいますので、それからみれば噛まれたこと事体かわいらしいことかもしれません。猫ばかりしかっても第一言葉が通じませんからあきらめるしかないでしょう。

飼い猫にご用心。明日またキャットフードをやると、昨日の出来事はなにもなかったのようにキャットフードをたいらげるのだろう。そして何も考えずに猫はニャーニャーなく。そんな猫をよそ目に空になったキャットフードカンを昨日のしかえしとばかり、脚でさんざんつぶしてゴミ箱に投げる姿が目にうかぶ。そして空きカンは捨てられる。まるでどこかのブログ記事タイトルのようである。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
149/570