399/570

1日に2~3杯のお茶で股関節骨折のリスクが約40%低下(ニュースより)

IRORIO(イロリオ)2014年10月13日より

紅茶、緑茶、中国茶など、お茶の効能はいろいろ伝えられているが、上海交通大学医学院付属第九人民医院の研究により、お茶を1日に1~4杯飲んでいる場合、股関節骨折のリスクが20~40%程度下がることが分かった。

14の研究報告をメタ分析
研究チームは、過去に各国で行われた股関節骨折に関する14の研究(コホート研究、症例対照研究)について約20万人分のデータ(そのうち股関節骨折を患っていたケースは9958件)をメタ分析し、お茶やコーヒーの摂取量と骨折のリスクとの関係を調べた。

スポンサーリンク

お茶、1日2~3杯で最もリスクが下がる

その結果、まったくお茶を飲まない場合と比較すると、お茶を1日1~2杯飲んでいる場合は28%、2~3杯では37%、3~4杯では21%、股関節骨折を患うリスクが下がることが分かった。

コーヒーでは関連性が認められず

今回の研究では、お茶によって骨折のリスクが下がる詳しい要因までは検証されていないが、研究に携わっていない他の専門家は、お茶に含まれるフラボノイド、フッ化物、カリウムなどが新しい骨の形成、骨の強化、骨の浸食の抑制に関与しているのではないかと見ている。

コーヒーについては骨折リスクとの有意な関連性は認められなかったそうだ。
この結果を見る限り、お茶をたくさん飲むほど骨折のリスクが下がるわけでもないらしく、研究者は今後、5杯以上飲んでいる場合の関連性についても調べていきたいと述べている。

上海交通大学医学院付属第九人民医院の研究結果は『Osteoporosis International』に発表された。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
399/570