570/570

人工関節からのメッセージ、財産としての価値

IPS細胞等、未来の可能性を秘めた医療技術や機器は想像を掻き立てられるものです。人工関節もその一つであり、単に関節の代行品でなくそこに別機能を付け加えることにより現状の機能より数段上のクオリティが実現できるような気がしてしまいます。

サイボーグがまさにそれを具体化した究極のイメージだと思いますが、あと数十年後にいきなりサイボーグが一般化する社会がくるというのは、あまりにも行き過ぎた妄想だと思います。どう考えてもそこまでも進歩すると思いません。でもその開発の途中の状態になっているとは誰もが想像できます。どれくらい開発がすすむでしょうか?機能的問題や安全性がクリアされると、その次に起こる問題はなんでしょうか。

記事項目

■財産としての人工関節
 ・身元判定としてのメッセージ
 ・家族へのメッセージ?遺言?様々なメッセージ
■古代からのメッセージ
■まとめ
スポンサーリンク

財産としての人工関節

人工関節は単に関節の代行品ではなく、そこにさまざまな情報や特定の機能を加えることによる医療機器以上に価値を秘めた財産なると個人的に思う。まず人工関節に一番の良さとしてその本人の肉体の一部として存在しているわけであるから、情報の機密保持が確保されやすいことがあげられる。基本的に本人が亡くなるまでその情報の秘密は保持されるわけであるから、遺言や特定のメッセージを残しておくには最適な場所である。

身元判定としてのメッセージ

震災の犠牲者1人身元判明89歳女性

 岩手県警は3日、東日本大震災で行方不明になっていた大槌町須賀町の女性=当時(89)=の身元を確認したと発表した。

 遺体は2011年3月14日に同町の大槌小付近で発見。大腿(だいたい)骨の人工関節に刻印された番号を追跡して身元を特定した。

2015/12/04岩手日報ウェブサイトより

驚きのニュース。遺体は2011年3月14日に同町の大槌小付近で発見されたという。今年が2015年であるから、身元が判明するまで約4年半以上の年月がかかった計算になる。何故こんなに時間がかかるのだろうか少々不思議である。

でもこのようなことで人工関節が役にたつとは本当に興味深いと思う。

もし国民全員一人一人に何かしらの人工関節を置換させ、その人工関節に何かしら本人が特定できる番号、例えば現在社会問題化しつつあるマイナンバーを刻印しておけば、身元不明の日本人遺体は国内からなくなってしまうだろう。

家族へのメッセージ?遺言?様々なメッセージ

近い将来製造番号以外の情報を人工関節に刻印できる日が来るかもしれない。自分が亡くなった時にわかる情報として自身の身体のなかに何かしらのメッセージを眠らておく。

家族へのメッセージ?遺言?火葬された際、黒焦げになっている人工関節。もしそのようなメッセージが刻まれてのなら、数年前に噂になった、火葬されたあとの遺灰に残された歯の治療や人工骨などで使われた金、銀、パラジウムなどの貴金属を自治体が回収して利益を得る行為は安易にできなくなるだろう。

人工関節に何かしらのメッセージや情報を加えわることにより、人工関節が置換する患者に対してオーダーメイド化された固有の医療機器になれば、その患者自身の財産となる。

たぶん近い将来、体内に埋め込まれた医療機器や細胞等の財産権が問題になる日がくるだろう。細胞や医療機器がオーダーメイド化された高機能化されたものになれば、大量生産化されたものと区別され、付加価値をもった一つの財産と扱われると想像する。

古代からのメッセージ

【海外発!Breaking News】古代エジプト人に人工関節技術、ミイラの膝から23cmのボルト。Techinsightより

 あるミイラの膝に、ボルトが埋まっていることが発見された。ミイラは紀元前16~11世紀に死亡したとみられるエジプト人男性のもので、予想以上に進んでいた古代エジプトの医療技術に驚きの声が集まっている。

見つかったボルトは、長さ23cmほど。鉄製でねじれは緩いが、現代の整形外科でも多用されているボルト固定術と原理はまったく同じである。また、骨への固定にはレジン(有機樹脂)が用いられていたという。

 上記の記事は、まさに古代人が未来に残したメッセージなのかもしれない。古代エジプト人の医療技術がすすんでいたことはネットで検索すればすぐわかる。だから当然といえば当然であるが、その技術の痕跡が現在までに残ったということが一番の驚きである。

まさに死者の魂が蘇り肉体に帰ってくる。古代エジプト人が残した医療行為のメッセージがミイラを通して現代に蘇ってきている。

まとめ

人工関節は患者本人が亡くなったたら同時に破棄するのではなく、患者本人の意思と所有権を尊重してなにかしらの保存の仕方を法整備する必要が、近い将来起きてくるのではないだろうか。遺族のなかにも故人が体内に残したメッセージを確認したいと思う人もいると思う。人工関節が残すメッセージ、10年後、20年後のメッセージの積み重ねが数千年の時をこえ未来に蘇ってくる。古代エジプトのミイラに残されたメッセージのように。

スポンサーリンク
ご訪問感謝いたします。

当ブログ訪問感謝致します。今記事はいかがでしたでしょうか?もしご意見・感想等ありましたら記事上部メニュー問い合わせより連絡お願いいたします。

facebook&twitterでも問い合わせ歓迎です。

  FACEBOOKページ よるのさんぽずき

  twitter:よるのさんぽずき

ブログ管理人 よるのさんぽずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
570/570